コロナアーカイブ@関西大学

関西大学アジア・オープン・リサーチセンター(KU-ORCAS)では、「コロナアーカイブ@関西大学」と題して、新型コロナウイルスに関するデジタルアーカイブの構築を行っています。

新型コロナウイルスで被った学生生活や業務、教育等への影響、あるいは、ご自身の周囲の状況について、テキストや画像、動画とともにお寄せください。

投稿資格は、関西大学の関係者(例えば、留学生を含む学生・教員・事務職員・校友など)とそのご家族といたします。

(2021/01/14追記 投稿資格者は、上記の通り関西大学の関係者を主としつつも、広く学外の方からも投稿を受け付けております。)

100年に一度といわれる未曾有の危機のなかで、皆さんの日々の記録とこの時代を生きたものの記憶を次世代へと伝えていくために、ぜひご協力をお願いいたします。


The Kansai University, Open Research Center for Asian Studies (KU-ORCAS) is constructing a digital archive related to coronaviruses (COVID-19) under the title of "Corona Archive @ Kansai University".

We would like you to contribute your stories, photos and videos about the impact of the COVID-19 on your student life, work, education, etc., or the situation around you.

Only members and persons involved of Kansai University (eg. students, faculty, staff and alumni, including international students) and their families are accepted for submission.

In the midst of an unprecedented once-in-a-century crisis, we would like to ask for your cooperation in order to pass on your daily records and memories of this era to the next generation.